中性脂肪を下げるためには食事制限が不可欠|栄養バランスを考えよう

きれいなママを目指して

お母さんとベイビー

ダイエットのチャンス

妊娠中は母体や胎児を守るために脂肪が付きやすく、多くの女性がふっくらとします。出産前のスリムな体型を思い出し溜息をつく妊婦さんやパートナーも多いものです。多くの妊婦さんが産後ダイエットを計画し、スリムできれいなママを目指しています。産後は出産の疲れや睡眠不足で意識をしなくても体重が落ちるのが一般的です。とくに母乳育児を選択すると食べても食べても体重は減るという現象がよく起こります。また、出産で開いた骨盤は産後ゆっくりと固定されていくので体型を補正しやすく、ダイエットのチャンスともいえます。普段のダイエットでは食事制限や運動が必要で挫折する人も多いようです。産後ダイエットの人気の秘密は効率的にスリムな体型を手に入れることができるという点にあります。

スタートする時期に注意

出産直後にプヨプヨになったお腹にショックを受け、すぐに産後ダイエットを始めたいと思う女性は多いものです。母体は出産により大きなダメージを受けているので出産の直後はできる限り休み体力の回復に努めましょう。プヨプヨのお腹も1週間ほどでだいぶもとに戻ります。慣れない新生児の育児や悪露もあるので産後1ヶ月はダイエットのことは忘れ、赤ちゃんのお世話に励みましょう。24時間体制の育児が始まるので睡眠不足になり、ほとんどの人が自然に減量します。産後1ヶ月たち、赤ちゃんのお世話にも慣れてきたら産後ダイエットをスタートさせましょう。栄養バランスのいい食事を摂るようにし、開いた骨盤をもとの位置に戻すため骨盤ベルトを着用して生活します。骨盤が固定されるまで半年はベルトの着用を続けましょう。ウォーキングなどの軽い運動も取り入れればより効果的にダイエットできます。